2019年11月12日火曜日

夫婦関係を考える講座 大阪狭山きらっとぴあ

大阪狭山市の男女共同参画推進センターはNPO法人ふぇみぱる堺が、狭山市と共同で運営をしています。場所は市役所南館・1階。愛称は「きらっとぴあ」。
ふぇみぱる堺が担当しているのは事業の企画と実施を始めとしたセンターの運営です。あれこれ企画を考えるのも、チラシを作るのも当日運営するのも、ふぇみぱる堺の会員です。
で、今日はその会員が企画した講座のご紹介と宣伝です。
11月15日から「妻と夫のほどよい関係」という3回講座が始まります。

「『ほどよい関係』って何だ?」と思われるかもしれませんが、まぁほどよい関係です。
もちろん暴力的ではない関係、近すぎも遠すぎもせず、お互いを尊重できる関係。・・。「そんなものあるか?」と思っている方もいるかもしれませんね。
チラシにもある通り、「私が望む夫婦関係とは程遠い気がする・・」という思いを抱いている方、相談室を訪れるほどでなくても、夫との関係にストレスを感じている方、そうした方々はきっとチラシにある通り「この関係性を変えることはできるのか?」と考えたことがあるはずです。
この講座では、その可能性について考えます。
女性相談の現場で語られる夫婦像と男性相談の現場で語られる夫婦像とを知ることで婦間のすれ違いが何故生じるのかを考えます(1回目と3回目)。そして2回目では「すれ違いの域を越えたすれ違い」=モラルハラスメントについて考えます。
相手の見方を変えることで、違った夫が見えてくるかもしれませんし、話の聞き方あるいは気持ちの伝え方で変わっていくものがあるかもしれません。
一人で腹を立てていたり、グチグチと恨みの気持ちを持ち続けている方はいらっしゃいませんか?穏やかな気持ちで夫との関係を考えることができたなら、ご自身の健康のためにもずっといいと思います。
そのために三人のカウンセラーの話を聞きにいらしてください。
「フェミニストカウンセリング堺」のカウンセラー加藤伊都子さんが1回目の担当、同じく杉本志津佳さんが2回目を担当します。この二人、ふぇみぱる堺の会員でもあります。3回目を担当する三宅克英さんはジェンダーの視点での男性相談を行っているカウンセリングルーム「カウンセリングオフィス天満橋」のカウンセラーです。
「女性に対する暴力をなくす運動」期間(11月12日~25日)に始まるこの講座。平和で穏やかな夫婦関係を考えるために企画しました。最近夫との関係を「何だかなぁ~」と思っている方のご参加お待ちしています。                     (PON子)


2019年11月11日月曜日

10月の女支会アートをご紹介

  10月女支会の力作をご紹介します。

 そう、
ハロウィンです。
楽しそうでしょう?
材料は
  ぜーんぶ百均。
お喋りしながら、
 褒め合いながらの
 楽しい時間。

このアート
余りの出来のよさに
今もFC堺の講座室に飾られているのですが、そろそろ季節はずれの声も・・・。処分する前に、皆さんにお披露目することにしました。今年の女支会はアート漬けですが、なかなかに楽しいものがあります。今度はクリスマスかな?   (PON子)



2019年9月3日火曜日

学習会「辺野古の海と私たちの社会」終わりました。   参加してくださった方々ありがとうございました。


8月31日、沖縄平和市民連絡会の上間芳子さんをお迎えしての学習会
辺野古の海と私たちの社会~壊されていく地方自治と民主主義~」は
人集めがヘタクソなふぇみぱる堺主催の講座としては珍しく、
フェミニストカウンセリング堺の講座室が満員になりました。
拡散にご協力くださった皆さんありがとうございました。



上間さんのお話は時に怒りをこめて力強く、聞いている私たちの心をゆさぶるものでした。
現在の強引な埋め立て工事が意味するもの、そこから見える日本社会の姿など
聞いていて重苦しい気持ちになるような話でもありました。
何をどうちゃんとするかは置いといて、「やっぱちゃんとせなあかんな」という気持ちになりました。

聞くこと、見ること、そして知ること。そして聞いたこと、見たこと、知ったことを話していくこと、
これが大事。座り込みに参加したら日当が出るなどと言う噂はまるっきりのデマとのこと。
来たら分かる、見たらわかる、話したらわかる、辺野古に来てくださいとのことでした。
詳しい報告はまたの機会に譲るとして、今回は終わったことの報告です。
濃い話をしてくださった上間さん、参加してくださった皆さんありがとうございました。

写真は終了後に撮った記念撮影です。右から三人目が上間さん。
顔が半分しか映っていない人、まるっきり写っていない方、
カメラマンの腕が・・・なもので、お許しを。(PON子)

2019年8月16日金曜日

学習会「辺野古の海で行われていること」

  暑い夏、その夏の終わり(でもないかぁ。まだしばらくは暑さが続くよね、
      きっと。)に行われる学習会のご案内です。


沖縄県名護市辺野古で米軍基地移設工事が行われている事はご存知でしょう。
世界一危険と言われる普天間基地を辺野古に移設する工事です。
そして、移設の撤回を訴える翁長さん、玉城デニーさんが知事選挙で勝利していることを
見てもわかる通り、沖縄県民は辺野古の移設に反対しています。
反対の意思表示として辺野古のキャンプシュワブゲート前で
毎日のように座り込みが行われていることはご存知でしょうか。
その座り込みのリーダー上間芳子さんをお招きして、
沖縄で行われていることについてお話をうかがいます。

フェミニストカウンセリング堺の講座室はご存知の通り、それほど広くはありません。
早めにお申し込みください。 (PON子)



2019年4月18日木曜日

女支会。コラージュやってみました。次はイースターエッグ。


単身生活を支え合うための女支会。3月はコラージュをやってみました。
それ以前に集めておいたカタログ雑誌パンフレット等々を好きに切り抜き
それぞれ思い思いに芸術的な作品を作りました。最初は15分程度でと言っていたのですが、
結構夢中になり30分、40分と作成時間が延びて行きました。
              
  こちらみんなの作品。
  それぞれの作品に込めた思いは
    「今の気分」「行きたいところ」「春」
    「海」「なんだかわからないけど」等々 ・・・・


               
                  
結構楽しかったので、4月もまたアート月間としました。
取り組むのはイースターエッグ。「
見たことはあるけれど、どうやって作るんだ?」
というわけで、現在鋭意調査中です。

ネットにはかわいらしい卵たちがたくさんアップされています。
女支会でも可愛く、かつ美しく芸術的な
まるで私たちのような????イースターエッグを作ります。

関心のある方ご参加ください。
何も用意せず、てぶらでお越しください。

参加費は卵代として40円いただきますが、それ以外は無料です。
              (PON子)

2018年11月10日土曜日

読んでしまった本が読みたい人の手元に大移動!     女支会の古本交換会です。

明日というか、日付が変わったので今日ですが、
フェミニストカウンセリング堺の講座室で
古本交換会を行います。
毎月1回行っている女支会の企画で、
読書週間にちなんだイベントです。

女支会は以前、北野田の男女共同参画交流の広場を会場にしていたのですが、
そのときにパチンコ屋の開店を待つ高齢者の行列を何回も見ました。
パチンコ屋さんが彼らのために椅子を用意していました。親切と言えば親切・・・・。

パチンコが悪いとは言いませんが、お金がかかるだろうなと思いました。
交換所に向かう方も何回も見かけましたので、
勝っている人もいるのだろうとは思います。

でもお金がかかるだろうなと。

遊びだから、お金がかかるのは当たり前ですが、私の乏しい経験から言うと、
あっという間になくなる。

そして私はハマりませんでしたが、ギャンブルの一種であるのは確かですから
ハマってしまう人もいると思います。
収入が少なくなり、時間だけはたっぷりある高齢期に、
あっという間にお金が無くなってしまう
パチンコにはまったとしたら、
考えるだにオソロシイことになりそうです。
その点、読書はお金がかかりません。
だけど、時間はかかります。
使うものがパチンコとは全く逆で、
お金は使わず、時間を使う。
高齢期に適した娯楽だと思います。

一人で過ごす時間が多い、単身者にとって
読書は強ーーーーい味方です。
というわけで、古本交換会。
お宅で眠っている本があればお持ちください。そして気にいった本があれば、ご自由に持ちください。

明日11月10日午後2時からです。
女支会メンバ―ではない方も、古本を見るだけの方も是非お越しください。
女支会終了後も古本の展示は5時半まで行っています。   (PON子)  


2018年11月9日金曜日

学習するMajoの会の「大仰なタイトルの学習会」報告

11月5日開催の大仰なタイトルの学習会報告ですが・・・・
何をどう報告したらいいかわからないほどに言いたい放題、喋りたい放題の学習会でした。この言いたい放題、喋りたい放題はMajo会の宿痾でもある特徴です。

最初に、憲法は国民による国家に対するルール、法律は国家による国民に対するルールという憲法と法律の違いを確認。改憲案はこれを覆そうとしているという説明を聞いてから、さらに憲法の基本をクイズ形式でおさらいしました。
・・・憲法は国家権力を制限して国民の権利と自由を守る法である。つまりこれが立憲主義。すべての人々が個人として尊重されるために、最高法規としての憲法が国家権力を制限して人権保障をはかるもの・・・・この文章、メンバーがどの程度正解できたかは極秘です。

そして日本国憲法の基本原理は立憲主義に立脚した「国民主権」「基本的人権の尊重」「恒久平和主義」であり、12条には「この憲法が国民に保証する自由および権利は国民の不断の打力によってこれを保持しなければならない」と書かれていることの紹介。そしてだからこそおかしいと思うことにはきちんと声をあげていかなければならないという説明に続いて、現在の憲法改正の流れというかあり得るスケジュールについて説明がありました。詳細は省きますが、ぼんやりしてたら実現化しそうな勢いでした。

そして現在の憲法と自民党の改憲草案との比較。これまでの国民の3つの義務に加えて、新たに国防の義務。家族助け合いの義務、憲法尊重擁護義務など10個の義務を課そうとしてるとのこと。有名な前文は短くなっておりました。そして9条は「国防軍」という項目が増え、長~くなっていました。それから「自衛隊明記」「緊急事態対応」「合区解消」「教育充実」の改憲4項目について各党の主張を概観しました。
 
その後質問タイム。「9条を変えても2項を残すんだからいいじゃないの」に対しては、「後法は前法に優越する」という法律解釈の基本原則から、「国防軍」の項が加えられることにより、9条1項2項は空文化してしまうのだそうです。

 その後、フリートークというか、ディスカッションというか、しゃべりまくるメンバーをしのはらさんが捌いて何とか学習会の目的である「どう反論するか」に無事着地しました。現実的に反論できるかどうは置いといて、あれこれ喋って考えて、かつ楽しい学習会でした。

学習会終了後に参加者で記念撮影。楽しそうなメンバーの表情をご覧ください。
             (Majo子)